車保険 人気

車保険の人気の真実。自動車保険は人それぞれ違うのを知ってますか?

車保険は人気がある業者が一番とは限りません。自動車保険料は人によって違うので、しっかりと見積もりを取って最適なものを見つけましょう。

自動車保険の車名とは何か

最近では、自動車保険を更新する際に、ネット上の比較サイトで保険料を比べて、より安い保険会社と契約される方が増えています。
ただし、ネット上で契約する場合、契約者自身で保険内容を把握し、契約書への記入も自分でしなければなりません。
また、自動車保険の契約書では、業界独自の用語も多数出てきます。
その中で必ず出てくる「車名」とは何でしょうか。

 

「車名」とは一言でいえば「クルマの名前」です。
例えば、「フィット」「ヴィッツ」「マーチ」「ワゴンR」など、クルマ個別のブランド名といえば分かりやすいでしょうか。
保険では、こうしたクルマの名前で契約を行います。
なぜ、「普通乗用車」や「小型乗用車」、「軽四輪乗用車」などの「車種」だけではなく「クルマの名前」が必要なのでしょう。
それは、こうしたクルマの名前ごとに、保険料の算定が異なるからです。
同じ普通乗用車であっても、ファミリーカーよりスポーツカーの方が事故を起こす危険率は高くなります。
そのため、スポーツカーの方が保険料も高くなるのです。

 

このように「車種」が同じ分類でも、「クルマの名前」ごとに保険料が異なることになります。
また、同じ「クルマの名前」でも、グレードや装備の違いによっても保険料が異なってきます。
保険を契約する際には、こうした細かな分類や装備の違いまできちんと把握して記入することが必要となってきます。

車両所有者と車両使用者が違う場合の自動車保険

通常、自動車の所有者と車両使用者は同一がほとんどです。
主たる使用者が所有者本人で、その他の人も使用する可能性がある、もしくは使用しているというだけであれば、それに見合った補償内容にしておけば、自動車保険でカバーされます。
これは自動車保険の契約者が車両の主たる使用者で、自動車の所有者である場合です。
もし自動車の主たる使用者と名義人が違った場合、それでも自動車保険を「主たる使用者」の名義で契約したいと望んだとします。
このようなケースにおいても、保険は契約することができます。
所有者本人が加入することも、主たる使用者が加入することも可能なのです。
等級を受け継がなくていいという事であればいつでもそのような契約ができますが、もし自分の等級をこの他者名義の車にも低継ぎたいということであれば、それは同居の家族間のものでなければできません。
例えば同居の家族であれば、車の名義人より保険契約者の保険の等級が良い時には、その等級が受け継げる可能性が高くなります。
しかし同居の家族でない場合、いくら主たる使用者で保険契約者である人物の持っている等級が良いものであったとしても、引き継ぐことはできません。
一番下の等級から出発ということになるのです。
保険代理店などに確認の上、納得して加入することが大切です。

自動車保険における車両所有者と記名被保険者の意味

一般の人には自動車保険はとっつきにくい感じがしますが、その理由は細かい言葉の扱い方に原因があります。この題名のように車両所有者とか記名被保険者とか、一般の人にはその違いが重要には思えないことが自動車保険では重要な意味を持ってくることがあります。
普通に保険料を計算するうえで重要な意味をもってくるのは記名被保険者です。これは主に運転する人の意味ですが、特に記載がない場合は契約者になります。
車両所有者とは読んで字のごとく車の持ち主ということですが、一括で購入した人は購入者になります。しかし、ローンなどで購入した場合はディーラー名になっていることがあります。ですから、ローンが終わったあとは自分名義に変更しますが、面倒という理由でそのままにしている人が大半です。
基本的に、通常は取り立てて所有者に神経質になることはありませんが、車両入れ替えをする際に大事な要件になることがあります。
例えば、保険料には等級が大きな要因になりますが、等級がかなり上のときにその等級を引き継いで車両入れ替えをするときです。車両入れ替えが可能な要件に「入れ替え後の所有者が入れ替え前の所有者であること」というのがありますが、この要件を満たすことができずに等級を引き継げないというケースがあります。
こうしたケースのように稀に所有者が重要になることがあります。


 
Copyright (C) 2010 車保険の人気の真実。自動車保険は人それぞれ違うのを知ってますか? All Rights Reserved.